マジカルシェリーは産後いつから可能?帝王切開後や妊娠中も使える?

美容整体師が完全監修したことでも話題になっている骨盤ショーツ「マジカルシェリー」ですが、産後の骨盤ケアにもおすすめの商品として人気を集めています。

産後いつから着用なのでしょうか?また帝王切開後や妊娠中の骨盤ケアにも使用できるのか気になりますね。

今回は「マジカルシェリー」が産後いつから使用できるのか、また帝王切開や妊娠中の使用が可能かどうかなどを詳しくご紹介していきます。

 

▼▼▼【クリック↓↓】累計100万枚突破キャンペーンにつき特別価格!マジカルシェリーの最安値はこちら!

 

美脚加圧レギンス【MAGICAL SHERRY(マジカルシェリー)】

 

マジカルシェリーは妊娠中でも着用できるの?

 

 

芸能人も大勢愛用していることでも話題になっている骨盤ショーツ「マジカルシェリー」。お腹やお尻を引き締めるばかりでなく、骨盤ケアもできる商品として話題になっています。

美容整体師が監修した骨盤ショーツなので、長時間付けていてもむくみにくく、きついと感じることも少ないようです。着用時間が長ければ長いほど効果を実感しやすいようですよ。

 

 

そんな体に負担の少ない骨盤ショーツ「マジカルシェリー」ですが、妊娠中には着用できるのでしょうか?調べてみたところ、公式サイトにも妊娠中や妊娠の可能性のある方は使用不可であることが明記されていました。

お腹周りを圧迫しますし、お腹が大きくなってきた妊婦さんでは、お腹までマジカルシェリーを上げることも難しいと思われます。妊娠中に骨盤の歪みから腰痛などが起こる妊婦さんもいらっしゃいますので、着用したい気持ちは理解できますが、赤ちゃんのためにも妊娠中の着用は避けましょう。

 

マジカルシェリーは産後いつから着用できる?帝王切開の場合は?

 

 

妊娠中は着用を避けた方が良いマジカルシェリーですが、産後の骨盤ケアとしてはとても良い商品となっています。出産後の女性の体は骨盤が緩んでいます。骨盤ケアをせずに、骨盤が歪んだまま固定されてしまうと、産後だけでなくその後ずっと体調不良に悩まされる方も少なくありません。

マジカルシェリーなら骨盤の位置を正しく戻してくれますので、産後には是非使っていただきたい骨盤ケアショーツです。

ただ産後いつからでも着用OK!というわけにはいきません。産後の体はとてもデリケートだからです。では産後いつから履いたらいいのでしょうか?

マジカルシェリーをいつから着用するのがベストかどうかは、体の回復の具合にもよります。基本的には産後1ヶ月ほどたってから着用するのがいいとされていますが、帝王切開で出産した方を始め、体の回復が追い付かない可能性もあります。

体がしっかり回復してしまわないうちに、マジカルシェリーなどの骨盤矯正グッズを着用してしまうと、悪露の排出を妨げてしまったり、子宮の回復を遅らせてしまうことにもなりかねません。

そのため体を休ませるのを最優先にして、早くても産後1ヶ月頃までは着用を避けるようにしましょう。心配な方はお医者さんに相談してみるといいかもしれませんよ。

 

産後6ヶ月頃には骨盤が固定されてしまうので、遅くてもそれまでには始められるといいですね!

 

マジカルシェリーを産後使用する場合の注意点!

 

 

産後はマジカルシェリーを使用すると、きついと感じることがあります。それは妊娠中に筋肉が落ちてしまったり、体力が回復しきっていないからかもしれません。

マジカルシェリーの締め付けがきついと感じる場合には、すぐに着用をやめましょう。まずは短時間から着用するようにして、慣れてきたら時間を伸ばしていくのがいいかもしれませんね!

また母乳で育児をされている方は、思ったよりも体力を消費することも多いようです。授乳中の方は身体に負担の多い時期でもありますので、無理のない範囲から着用することをおすすめします!

骨盤矯正をすることに焦って、体調を壊してしまうことが内容に、くれぐれもご注意くださいね。

 

▼▼▼【クリック↓↓】累計100万枚突破キャンペーンにつき特別価格!マジカルシェリーの最安値はこちら!

 

美脚加圧レギンス【MAGICAL SHERRY(マジカルシェリー)】

 

■こんな記事も読まれています!

⇒マジカルシェリー【口コミ】痩せるの?効果,サイズ選び,履き方,クーポン情報まで!

⇒マジカルシェリーは毎日何時間/いつ履く?トイレや寝る時の使い方は?

⇒マジカルシェリーのウエストがきつい?後ろの見分け方&洗い方もチェック!

⇒マジカルシェリーは何枚ぐらいが便利?いつ届くか/問い合わせ先/返品手続きは?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です